消費者金融では貸金業法により



消費者キャッシングでは貸金業法によって、利用額が50万円以上または合計100万円を超える借り入れのとき、源泉徴収票などの所得証明書の添付が必須なので審査内容も厳しくなるようです。



ローンをする場合はせめて融資額と毎月の収支に注意しておおよその返済計画を作ってみましょう。



おまとめ一本化する場合、総量規制の制限を受ける、貸金業者でも例外規定があるので借り換えローンが利用できる場合があるんです。



カードキャッシングの金利は限度額に応じて変動しますので数十万円程度だと年13%程度もかかってくるのです。



カードキャッシングの返済の延滞や任意整理などでブラックリストにのると5-7年程度の間、新たなカードローンの借り入れが不可能になります。



低い金利のカードローンにおまとめするのがベストですが、ローン残高が膨れ上がると審査に落ちないかという難問が発生します。






関連記事


AX